注文住宅ありがちな失敗100選 後編

注文住宅ありがちな失敗100選まとめ 後編


この記事では、注文住宅を建てる際に「失敗」しやすいポイント「注意点」1位から100位までのランキング形式で、まとめてあります。

この後編では、第62位~第100位までを紹介します。

玄関 失敗・後悔


玄関装飾

ウォールフラワーステッカー(376円)で装飾した例

62位 玄関の窓
玄関に『窓』がなくて、真っ暗です。

玄関に窓をつくるか、明り取りのある玄関ドアにするべきでした。残念⤵

63位 玄関の照明
『玄関照明』のスイッチの位置がおかしいです。

夜は、スイッチにたどり着くまで真っ暗です。
スイッチまでの距離が異常に長く感じます。残念⤵

64位 玄関タイル(白色)
『玄関タイル』を真っ白にしたら、汚れがすごく目立ちます。

雨の日は最悪です。足跡がめちゃめちゃ目立ちます。残念⤵

65位 玄関タイル(紺色)
『玄関のタイル』を紺色にしました。

濃い色なら汚れが目立たないと思ったのですが、土ぼこりが実は白っぽくて、紺色のタイ
ルでは、コントラストとなり、余計に目立ちます。残念⤵

紺色の玄関タイル

紺色の玄関タイル 意外と土埃が目立ちます

汚れが目立ちにくいテラコッタタイル

土埃も足跡も、どのタイプの汚れでも『目立ちにくい』タイルの色

66位 玄関タイル
『玄関タイル』をツルツルしたタイプにしてしまいました。

雨の日にすべって「スッテーン」と転んでしまいました。残念⤵

67位 玄関の横にトイレを作りました
玄関で家族が訪問客と話し込んでいると、『トイレ』に入りにくくて困ります。膀胱炎に
なりそうです。残念⤵

68位 玄関とリビングの位置
玄関とリビングが一直線です。

リビングのドアを開けている時に、玄関を開けると、外からリビングの中が丸見えです。
残念⤵

69位 玄関収納
『玄関収納』が小さすぎました。

下駄箱に靴が収まらなくて、玄関が靴だらけになっています。残念⤵

シューズクローク

シューズクロークがあると、玄関がスッキリします

住宅建設



コンセント 失敗・後悔


70位 コンセントの数
リビングのテレビ周りは、タコ足配線もいいとことです。
『テレビ周りのコンセントの数』どう考えても、4~6口以上は必要でした。残念⤵

テレビ周りマルチメディアコンセント

テレビ周りの「マルチメディアコンセント」は、4口以上欲しいところ

71位 コンセントの数と位置
コンセントの数が全然足りません。ちょうどいい位置に扇風機が置けません。

扇風機の風が遠すぎて、自分の所に届きません。残念⤵

72位 コンセントの位置
『コンセントの位置』がタンスの後ろになってしまいました。
その位置にコンセントを作った意味が分からなくなりました。残念⤵

73位 廊下のコンセント
『廊下にコンセント』を用意しませんでした。

掃除の時、どうやっても掃除機が届かない場所があります。残念⤵

スイッチ 失敗・後悔


74位 スイッチの位置
リビングのドアを開けたら、リビングの『スイッチ』がドアに隠れました。
建設会社に文句言って、ちゃんとした場所に『スイッチの位置』を変えてもらいまし
た。残念⤵

設備 失敗・後悔


75位 電気メーター
『電気メーター』がリビングの窓の奥にあります。

検針の人が来るたび、リビングでだらしなく寝転んでいるところを目撃されます。残念⤵

76位 床暖房
『床暖房』を設置しました。

電気代の請求書が来て、驚きました。次のシーズンから使っていません。残念⤵

77位 蓄熱式暖房機
オール電化住宅にして、暖房機は『蓄熱式暖房機』という深夜の安い電力を利用して熱
を蓄えておき、部屋を暖めるタイプにしました。

冬は、乾燥して湿度30%位になります。加湿器がフル稼働です。残念⤵

蓄熱式暖房機

蓄熱式暖房機 乾燥に注意!

78位 エアコン設置
家を建てた後に、エアコンを購入しました。

エアコン設置業者が配管用の穴を壁に開けたら、筋交いが切断されてしましました。
地震が怖いです。残念⤵

79位 ブレーカーアンペア
『ブレーカーを40アンペア』にしました。

冬に「IHクッキングヒーター」と「エアコン」を同時に使うと、直ぐにブレーカーが落
ちます。残念⤵

80位 エコキュートの貯湯タンク容量
エコキュートの貯湯タンクの容量を370ℓにしました。

4人家族で使うと、お湯の量がいつも、ギリギリでヒヤヒヤします。
460ℓにしておけば安心出来たと思います。残念⤵

内装おしゃれ



窓 失敗・後悔


81位 リビングの窓
明るく、開放的になるように、『リビング一面に大きな窓』を付けました。

外にいる人から丸見えで、落ち着きません。いつもカーテンをしています。残念⤵

82位 窓を多くした
窓を出来るだけ多くしました。

本棚を置くときになって、ようやく「窓のない壁」が必要なことに気づきました。残念⤵

83位 窓を高い位置につけた
建設会社の人が、外からの視線が気にならなくていいですよ。と提案してくれたので、
『窓を高い位置』につけました。

確かにいいこともありますが、背が低いので、椅子に乗らないと窓を開け閉め出来ませ
ん。

窓を開けている時に、雨が降ると焦ります。残念⤵

高い位置の窓

窓を高い位置につけた

84位 窓の位置
お隣のリビングと『窓の位置』が被ってしまいました。

いちいち挨拶するのが面倒なので、窓を開けることはなくなりました。残念⤵

85位 テレビの向かい側の窓
テレビの向かい側に『窓』を作りました。

テレビ画面に窓の光が反射して、テレビがすごく見づらいです。残念⤵

86位 天窓
『天窓』を作りました。

年末の大掃除の時に、どうやって掃除したらいいのか分からないことに気付きました。念⤵

バルコニー 失敗・後悔


87位 バルコニーに洗濯物を干すのが重労働
1階の北側にある洗面室の洗濯機から、階段を上り下りして2階の南側にあるバルコニーまで、約7キロもある重い洗濯物を毎日運ぶのは、けっこうな『重労働』です。

1階にサンルームがあって、階段を上り下りしないで洗濯物を干せる家がうらやましいです。残念⤵

濡れた洗濯物


88位 屋根なしのバルコニー
『バルコニー』に屋根を作りませんでした。

雨が降るたびに、洗濯物がぬれて、洗濯をやり直しています。残念⤵

89位 バルコニーの床が意外と汚れる
バルコニーに床は、砂ぼこりなどで想像以上に汚いので、サンダルを履いて出入りしていました。

サンダルもどんどん汚くなるので、それを履いた足が汚れてしまい、バルコニーに出入りした後、足を拭かなければなりません。

結局、バルコニーを使わなくなりました。残念⤵

駐車場 失敗・後悔



駐車場失敗



90位 カーポート
『カーポート』を作りませんでした。

カーポートは便利なので、結局作りました。
どうせ作るなら、最初から作っておけばもっと良かったです。残念⤵

カーポートを後付けした場合

カーポートを後付けする場合、コンクリートはつり工事に5万円~かかります


91位 駐車場
エアコンの室外機を置いたら、『駐車場』が狭くなり、車のドアを開けられなくなりました。残念⤵

92位 駐車場と水道メーター
『駐車場』に水道メーターが設置されていました。

どういうわけか?水道メーターの上に駐車している時に限って、検針の人が来ます。
検針のたびに、車を移動しています。残念⤵

93位 駐車場大きさ
少し大きな車に買い替えようとしたら

『車庫が小さくて入らない』ことが分かり、購入をあきらめました。残念⤵

94位 インナーガレージのシャッター
インナーガレージのシャッターを『電動式』にしませんでした。

雨の日に車からイチイチ降りて、シャッターを上げ下げするのが大変です。残念⤵

その他 失敗・後悔


95位 コンクリート造の一戸建て
固定資産税が年間20万円を超えます。
木造住宅の2倍以上の税金をはらっています。残念⤵

96位 金属屋根
今風の『金属屋根』にしました。

雨が降ると、屋根が「ポツポツ」うるさいです。夜、眠れません。

窓に金属のひさしを付けました。雨が降ると『ボツボツ』とまるで打楽器の演奏のように
音が聞こえます。残念⤵

97位 無垢材のフローリング
無垢材のフローリングを選びました。

最初の5~6年は問題なく快適でした。
7~8年経ったころから『無垢材のフローリング』が、反ったり、変色してくるようにな
りました。
メンテナンスが思ったよりも大変でした。残念⤵

無垢材のフローリング 経年変化

味のある経年変化 25年経過時 無垢材のフローリング

98位 地下室

音楽鑑賞や読書を楽しみたいと思って『地下室』を作りました。

空気がよどむ様で、カビがすごく、においもきついので利用しなくなりました。残念⤵

99位 外構工事
『外構工事』の予算を用意しませんでした。

庭を土のままにしました。夏になったら雑草が伸び放題で、みっともないです。
他の家は、コンクリートや芝生できれいにしています。残念⤵

100位 方位と陽当り
方位には『磁北(方位磁石が示す北)』と『真北(しんぼく:本当の北)』があることを
知りませんでした。

私だけでなく、住宅会社の営業マンも設計担当者も知りませんでした。

方位磁石の北(磁北)で、打合せをして家を建てました。

日の当たり方がなんか違うなと思ってしらべたら、本当の北(北極点の位置)は、想像し
ていた位置よりも7度違っていました。残念⤵

磁北と真北



さいごに…


注文住宅 ありがちな『失敗100選』家を 1,000軒見て分かったことは、以上となり
ます。

上に書いたことは、必ずしも「間違い」や「失敗」というわけではありません。

例えば、『木製のウッドデッキ』や『無垢材のフローリング』は、しっかりとしたメンテナンスを行って、その材質の特性を理解した上で使用する分には、とてもよい素材だったりします。

『吹き抜け』も、高気密・高断熱でしっかりとした性能のある建物へ、光熱費のシミュレーションを行って検証した上で、設置するなら残念な結果にはならないと考えます。

なお、『プライバシー』よりも『高いデザイン性』に価値を感じる方であれば、気にならな
い項目もあるかと思います。

良い悪いは、その人の価値観によるところもあります。

それから、『建物』はお金をかければ、掛けるだけよくなります。

つまり、『良くしようと思うと、キリがない』とも言えます。


ある程度のラインで予算の上限を決めて、それ以上にお金がかかる項目については、

『ある程度はあきらめる』という選択も、必要になってきます。(本気で言っています!)


私のお話しも「参考材料」の1つ程度にお考えいただけると幸いです。

この記事が、あなたの住宅建設の『一助』になることを祈っています。

最初から見たい方は、以下をクリック

おまけ
『最新の設備』や『豊富な収納』『お洒落なインテリア』が人気のモデルハウスを
YouTube動画で、バーチャル内覧会できます。
↓↓↓クリックしてください!


金丸寿充の画像

この記事を書いた人:金丸寿充
お客様の役に立つ、最適な提案ができるように頑張ります!

前へ 「注文住宅ありがちな失敗100選まとめ 中編(水廻り)」

記事一覧

「消費税10% お得な住宅購入特典(住宅ローン減税・すまい給付金など)」 次へ